女優 司会者 政治家

帰国後は声楽家や舞台俳優に取り組みますが、舞台俳優として
はやはり李香蘭のイメージがあったのでしょうか、どちらも良い評
価を得ることは出来ませんでした。

その後映画界に復帰、数々の映画に出演、アメリカにも渡りハリ
ウッドで映画に出演、ミュージカル『マルコ・ポーロ』では主役で出
演しています。

このハリウッド時代にはジョー・イマジオ、ユル・ブリンナー氏らと
も親交を持ちました。

その後ニューヨークで彫刻家のイサム・ノグチ氏と1951年に結婚、
しかしお互いが忙しくすれ違いが多かったのでしょうか、1958年
離婚します。

その後はアメリカに滞在しブロードウェイミュージカル『シャングリ
ラ』で主演を努めます。

しかしロングラン公演とはいかず、公演4週目で打ち切りが決定し
ます。

彼女には辛い出来事だったでしょう。ただこのころ、あの伝説のテ
レビ番組『エド・サリバン・ショウ』にもジュリー・アンドリュースとと
もに出演しています。この番組に出演するということは一流アー
ティストといえます。

そのころ『シャングリラ』の楽屋にときどき足を運んでくる青年がい
ました。

彼は外交官で1958年、彼と再婚します。1958年山本嘉次郎監
督の『東京の休日』を最後に映画界を引退し、外交官大鷹弘の妻
大鷹淑子として、彼を支えていきます。

1969年フジテレビの『3時のあなた』の司会者に仕事を請けます。

取材される立場から取材する立場になり、東南アジア、中東と積
極的な取材が続きます。

ヨーロッパでは赤軍派幹部の重信房子のインタビューに成功。約
5年間司会者兼ジャーナリストとして活躍します。

1974年、またまた転機が訪れます。参議院選挙に立候補です。

そして見事当選。3期18年努め、環境庁政務次官、参院外務委
員などを歴任し1992年引退します。

女優、司会者、ジャーナリスト、政治家。二つの名前以上に多方
面で活躍なさいました。

波乱万丈、でも素晴らしい人生であったのはないでしょうか。

終戦を迎えて

終戦を迎えても試練は続きます。漢奸裁判が始まったのです。

漢奸とは、中国人でありながら対日協力、対日通謀、本国反
抗のような反逆罪を犯した売国奴のことです。

李香蘭は中国人として生活してきました。李香蘭の罪状は中
国人でありながら中国を冒涜する映画に出演し日本の大陸政
策に協力して中国を裏切った、というものでした。

逮捕された訳ではありませんが、取調べが続き収容所生活が
始まり、軟禁生活が続きました。

スパイ容疑は殆んどなく、問題は李香蘭の国籍でした。中国
人でないことが証明されれば漢奸ではないことになり、容疑が
はれるのです。

日本人であることを証明しなければなりません。どうすれば証
明できるのか。

李香蘭は山口淑子ですと誰が言っても信用されません。何か
証拠になるものはないか。

そこで考えられたのが戸籍謄本でした。満州や中国に移住し
た日本人は日本国籍を証明するために戸籍謄本を何通か所
持するのが一般的でした。

北京に住む両親のもとには戸籍謄本があるはづです。それさ
え取り寄せることが出来れば状況は好転します。

ではどうすれば北京にいる両親から手に入れることが出来る
でしょうか。

このころ幼馴染のロシア人リューバの訪問を受けます。リュー
バは戦勝国側のロシア上海総領事館に勤めといて、山口淑子
のことを心配し時期を選んで会いに来たのです。

タイミング良くリューバの訪問を受けた彼女はリューバに戸籍
謄本の取り寄せの依頼をします。

時間はかかりましたが、両親は誰にも迷惑がかからぬように
彼女が大事にしていた藤娘の人形の帯の中に戸籍謄本を忍
ばせてリューバに渡します。

そしてリューバのおかげで無事に戸籍謄本を手に入れること
が出来ました。

裁判は戸籍謄本のおかげで無罪となり、国外退去となりまし
た。

引き揚げ船に乗る時、警備隊のミスで一度は再度収容所へ
戻るというアクシデントはありましたが、一ヵ月後日本へ向け
て改めて出発することが出来ました。

李香蘭に別れを告げたときでした。

日本で山口淑子としての生活が始まるのです。

日本での李香蘭ブーム

日本でも李香蘭ブームが巻き起こります。1941年2月11日、
来日しての日劇公演「歌う李香蘭」であの有名な「日劇七まわ
り半事件」が起こります。

日劇での公演に押し寄せたファン約10万人が日劇を七回り以
上も取り囲み、ついには入場できなかったファンが暴動を起こ
したとされるものです。

日本人はみな李香蘭を中国人として見て親しみを持ち、中国
に対する親しみや中国への進出に高揚していったのはないで
しょうか。

このように大人気であった李香蘭ですが、この人気は満州と
日本国内でという条件がつきます。

彼女が中国全土で人気を得るのは中国映画初出演の『萬世
流芳』で評価を得てからということになります。

この映画で李香蘭は主役ではありません。監督、主役などの
スキャトは当時の上海映画界のトップ、大物スターで固められ
ていました。

李香蘭の役は阿片窟で飴を売りながら阿片撲滅の歌を歌う娘
の役で、メインストーリーではありません。

この映画は1942年がは阿片戦争で中国がイギリスに敗れ南
京条約締結強いられてから100周年にあたるのを機に製作さ
れたものです。

内容は阿片撲滅のためにイギリスと闘った林則徐を描いた時
代劇です。

中国にとっても日本にとっても敵がイギリスということでお互い
の国策に合致した映画だといえます。

こうして中国の大物スターたちと競演し、中国大陸全土をマー
ケットに持つ中央映画界にデビューを飾りました。

この映画は大ヒットしました。李香蘭の名前も中国全土へと知
られていきました。

しかし李香蘭が上海映画に出演したのはこの一本のみとなり
ます。

その後、李香蘭は日本人でありながら中国人として生きている
自分との葛藤が大きくなり、満映を円満退社。

そして終戦を迎えます。

蘇州夜曲

その後14歳のとき北京に一般教養と中国語を身につけるため
留学することになります。

父はかねてから彼女を政治家の秘書への道を考えており、政
治家であった潘毓桂氏(後に天津特別区市長を務めます)のも
とへ預けたのです。

北京では潘淑華と名乗り、潘毓桂氏の家族に一員として生活し
ました。

このころ盧溝橋事件が起こり日中の衝突が激化。北京での彼
女の生活を心配して父のところに出入りしていた山家亨氏が度々
訪ねてきます。

父の依頼で様子を見に来ていたのです。しかし後に山家亨氏に
よって彼女は満州映画協会に紹介されます。

彼の存在が李香蘭としての人生に大きな役割を持つことになり
ます。

1938年に満州国の国策映画会社である満州映画協会から『蜜
月快車』で女優「李香蘭」がデビューしました。

本人はアフレコだけと思い請けた仕事が実は主演だったのです
が。翌1939年、東宝製作の日本映画『白蘭の歌』に出演。

彼女にとっては5本目の映画です。その翌年、大陸三部作とな
る『支那の夜』『熱砂の誓い』が製作されます。

この三部作では日本の二枚目大スターであった長谷川一夫と
競演しました。

映画の中で彼女が歌った歌とともに大ヒットしました。ほとんどの
主題歌を映画の中で李香蘭が歌っていますが、レコードは他の
歌手がレコーディングすることが多くあります。

たとえば『支那の夜』の主題歌は3曲あり映画では李香蘭が歌
います。

この3曲「支那の夜」「想兄譜」「蘇州夜曲」ですが、レコードでは
すべて渡辺はま子さんが歌っています。

ちなみに「蘇州夜曲」は1999年、サントリーウーロン茶のコマー
シャルに使われ奥居香さんが歌いました。

「蘇州夜曲」はいつ聴いてもいい曲です。

満州で生まれて

1920年2月12日彼女は満州の撫順で生まれました。満鉄に
勤務し夜間講座として中国語を教えていた父、山口文雄と母アイ
の間に生まれました。

山口淑子の誕生でした。当時の満鉄では中国人との意思疎通
のため中国語が必須であり、正社員としての採用の条件でもあ
りました。

また、検定資格によって昇給に影響したため、受講者は一生懸
命に勉強しました。

彼女はそんな中、その父の中国語の講座を聞いて育ちました。
このとき学んだのが首都北京で使われ標準語とされる北京官
話でした。

この北京官話の習得も後に大きな利点となりました。1931年
満州事変が起こり翌年には満州国が成立しました。

この頃になると中国での反日運動が激化し、一家は奉天に移り
住むことになりました。

そのとき一家が世話になったのが、当時瀋陽銀行で頭取であっ
た李際春将軍でした。

当時の中国では親しい間柄を示す証としてお互いの子供を養子
とする習慣がありました。

実際に戸籍を移すのではなく、お互いの姓を付け合うものです。
そのため中国名として李香蘭と名乗ることになったのです。

奉天で女学校に通っていたとき、呼吸器系の病のため、半年間
自宅療養した時期がありました。

そのため呼吸器を鍛える必要から、幼なじみであったロシア人
少女リューバの勧めもありイタリア人オペラ歌手マダム・ポドレ
ソフの元で歌を習うことになりました。

このことが彼女のこれからの人生に多大なる影響を与えること
になりました。

才能のあった彼女はマダムの元でメキメキと実力をつけます。そ
してマダムのコンサートの前座を勤めることになりました。

このことが奉天放送局の担当者の目にとまり、「新満州歌曲」と
いう番組の専属歌手としてデビューすることになりました。

奉天放送局は満州国誕生とともに開局し、森繁久弥アナウンサー
らを要していましたが、日本人が運営する放送局で中国人の聴
取者をふやす必要がありました。

そのことが日本語と中国語のBILINGUALであった彼女はこの
局の企画にマッチした存在だったのです。

ミュージカル 李香蘭

2005年8月14日から10月2日まで劇団四季によるオリジナル
ミュージカル“昭和の歴史三部作”の一つとして『ミュージカル
 李香蘭』が上演されました。

李香蘭こと山口淑子さんのファンの方で観劇された方も多いこ
としょう。

この作品は十数年前に劇団四季によって舞台化されたとの事で
すので今回は再演ということになります。

今のところ再々演の予定はないようですが、是非再々演をお願
いしたい作品ですね。

この作品、いや山口淑子さんの人生は戦争によって日本と中国
の狭間で生き苦しみ、そして戦後の日本を見てきた昭和史にほ
かなりません。

日本人でありながら中国で生きる為に中国人と偽っての映画出
演。命をかけての事だったのでしょう。

戦争がこの苦しみを作り出したに違いありません。波乱万丈の
人生を生き抜いた山口淑子さんのこの人生を、是非若い方たち
にも知っていただきたいと思います。

この戦争ではもっと過酷な人生を歩まれた方々もたくさんいらっ
しゃると思います。

若い方々にはこの歴史を伝えなければいけませんね。